人気ブログランキング |

Naoの南米ダンスの旅~ブラジル編⑫アハイア・ジューダ地区

f0084175_035324.jpg

<アハイア・ダジューダの海>
地図の左側の黒丸2ヶ所が 宿、BEMVILAの近くの海でした
地図で見るとまるでビーチ沿いに建物tが建っているようだけれど
ホテルの前の道を下って、森の中を通って 車の通る閑散として道路をどんどん下って下って
30分以上歩いてやっと海。MUCUGEというビーチ
あまりにも森の中を通るのが怖くて、逆周りをしてビーチへ行く方法を試した
白い教会が建つあたりは スーパーや店がたくさんあり賑やかな中心地・・
300mくらいなのだけれど 旅行代理店や銀行もあり便利です
006.gif店の最後に教会があり 高台から海を臨む・・・・
とても良い景色だけれど 海までと~お~~い042.gif

下に降りて公園や広い道路を通り越して歩く歩く・・・海まで1時間近く掛かったと思う
その途中に ガイドブックに載っていた「インディヘナの村でエコツアー」
の看板を見つけました。先住民のインディヘナ(インディアンだよね)の子孫が
市や州の保護下、昔ながらの生活をしているそうです
当時の家を建て、家畜を飼い集団で生活している。
その中でエコ体験ツアーと称して当時の生活を体験するらしい。
入り口の看板を横目で見ながら・・・・私達にとってはブラジルでの生活は
十分に日常よりエコ。 TVやPCも無縁で 暗くなったら寝る生活
手洗いで洗濯し、毎日数キロ歩いて移動し
ティッシュペーパーの無い生活、トイレのペーパーも大事に使い
娘は洗った洗濯物を絞るのがとても上手でした。エコツアーは参加しなくてイイねと笑った006.gif
その前は牧場でした。馬が走っていた。「乗りたい~」
とっても自然の中を歩いて ついたビーチは 隣のビーチでした。
AJUDAというビーチ。 人が多く遠浅で綺麗な海は同じなのだけど魚がいない
MUCUGEは 遠浅で海の真中に 平らの岩場があって、
岩場に魚や蟹がいて楽しかったので、暫く遊んでから前日のビーチに移動。
30分以上かかった・・・

綺麗な白砂に透き通る海、遠浅で波がなく 途中にウニ畑(ゴロゴロとウニが転がっているの)が・・・
ウニ畑や岩があると魚がいるので シュノーケルも出来て楽しかった
5人くらい人が立てるくらいの平らな岩場が 数箇所・・・
ビーチから見ると海の真中で立っている姿が不思議な感じ
海の真中なのに そこには 砂地もあり 温泉のように暖かい水が(温泉なのか?)
岩場のぽっかり空いた部分に沢山、色とりどりの魚が泳いでいたり
砂地で温泉に浸かるように寝そべって温まったり・・・
2人で一つの岩場を占拠して暫く遊んでいました。蟹を見つけたり 海蛇を見つけたりしながら
そのうちに 大きな真っ黒な犬が2匹、 岩場を走り回り、隣の岩場に泳いで渡って
海の中を縦横無尽に遊んでました。親子みたい・・
親犬は賢くて移動が上手、子犬(成犬ですが)は 迷いながら くっついて行ってました
私達の岩場にも乱入!可愛いのだけれど 勢いが凄くて
海遊びに夢中で 私達は眼中に無い感じ。



宿に戻ると 海で遊んでいた 黒犬の小さい方がいました。
<犬に癒される> Bonitaだよね~女の子でした
f0084175_04915100.jpg


        ~フィタが気になって引っ張ってる~
f0084175_0464054.jpg

f0084175_046012.jpg
    

       ~すっかりなついて お腹出して寝ちゃった~
f0084175_050114.jpg

f0084175_0474643.jpg

 
  愛犬が亡くなって2年、久しぶりに 犬に触りました
  ペットレスになっていたようで 散歩の犬を見ると思い出してしまうので
  目をそらす癖がついていた。娘も同じだったそうです。
  ブラジルのワンコに癒されて暫く遊んでいました。ホテルの飼い犬だったらしく
  毎日、同じ時間に海に散歩。海で離され勝手に泳いで駆けずり回って遊ぶ
  羨ましい~~053.gif 締まって綺麗なBodyでした

ビーチは MUCUGEの隣の PITNGAが一番綺麗だと
帰る前日に教えて貰いました。残念・・・・
ARRAIALの先は TRANCOSO地区 ここも行きたかった
あと一週間くらい ここに滞在してビーチ巡りしたい。と思った

のんびりゆったりした村で スーパーも店も皆、優しかった。
サルバドールで「ジャポーネ」といつも声を掛けられていて 道路を歩く時も
いつでも何処でも神経ピリピリさせて気を配って歩いていた

ポルト・セグーロもまだ 怖さが半分残っていて人気の無い道路は
何もないように祈りながら歩いた。数日滞在するうちに 村全体、人々も
優しくて 海外からの観光客が多いので 何処の国のツーリストが歩いていても
気にしない感じでした。 それとも黒くなりすぎて 日本人に見られなかったカナ?
BEMVILAでは 私達は 初の日本人客だったそうです
中国人は毎年、滞在するゲストがいるそうです。あ・・リピーターになりたい053.gif
      ~宿の近くに 合気道の看板~ マッサージの看板も。
      日本人?中国人?覗いてみたけど家主には会えず
f0084175_1193291.jpg


ずっとここに居たい!二人で帰りたくないと余韻を残して、夜中1時に宿から空港に向かいました
あっという間の南米旅行でした
4ヶ所移動、23日間・・・移動時間も多かったので短く感じました
時計を見ずに太陽の位置で時間を予測し 時間に追われない生活は
時間の流れが遅く感じた。

<ポルト・セグーロの空港>
国内線ですが・・・生まれて初めて 陸から飛行機に乗り込みました
f0084175_1282580.jpg

   なかなか直接、乗り込むってないよね・・
f0084175_1284610.jpg


<ポンデ・ケージョ>
サルバドールで粉を見つけて 作れるか不安なまま購入。
ポルト・セグーロで食べた2種類のポンデ・ケージョが忘れられず ポルト・セグーロの
スーパーでも探したけどなかった。もっと買ってくれば良かったヨ。
YOKIの粉は有名らしい。 袋を開けると 粉チーズの薫り・・・粉にチーズが交じってるのか
f0084175_274834.jpg

       ~作ってみた~ 手作りポンデ・ケージョ038.gif
f0084175_291224.jpg

  モチモチして美味しい!同じ味よ!
  と喜んでいたのも束の間、冷めるとペチャンコになった007.gif
  ホテルのポンデ・ケージョは 冷めてもふっくらしていた。何か方法があるのかな?
  サルバドール在住されていたメンバーさんに聞いたら 家で作るのはペチャンコに
  なってしまうらしい。 パンのように作るのとは 粉が違うのかな?
  味は良かったので 今度は Tapurapuanのホテルで出たパットに流してカットして
  食べるように作ってみようと思う。上手になったら作って 御裾分けするね006.gif

<海でウニの刺を刺してしまったら>
この旅の大事件を載せるのを忘れていました。
夜中1時に宿を出るので最終日は ショピングの予定でした
お土産等は最終日にゆっくり中心の店を回ろうと思いながら 店を横目に
海へ行くスタイルで通過していた。
なので前日、最後の海の そろそろ帰ろうかな~という頃・・・やってしまったのです

岩場は海の真中、結構遠いので 着いたら1時間くらい遊んで、また戻って焼いて。
を繰り返していた。
そろそろ夕方・・・最後の海へ
目的の岩場までは ウニが沢山転がっている「ウニ畑」を泳いで抜ける、ウニに注意しながら
慎重に通りすぎていたからミスはなかった。
逆に岩場に行かず 最後に魚を見て上がろうとしたため
ウニ畑辺りで シュノーケルして 気がついたら ウニ畑の真中で立ち往生。
足の置き場を失い うっかり足を着いてしまった。 
海が浅いから余計なのよ・・・・・

すっごく痛かったよ。飛び上がるほど007.gif
慌てて波打ち際に戻り 座って足の裏を見ると 両足に細かい刺がたくさん・・・・
これが取れないの。刺ってスッと抜くと取れるものなのに 柔らかいのか、抜くことが出来ない
近くで見ていた若い男の子が 「ホテルに戻って ほじくりだすとイイよ」と教えてくれた
洗ってビーサン履いて 30分の道のりが・・・刺が痛くて、歩けねぇ008.gif
でも足の裏の外側、小指の下から踵にかけて刺さったので 
内側を着いて外側を浮かせて歩いて戻った。

それから3時間・・・刺抜き! 持参した縫い針と毛抜きで・・・
娘に病院に行くように言われたけれど こんなことで?
「こんなことなのか?」刺が刺さるってことがどれほどのことだか?よくわからないまま・・
「踊れなくなったらどうするの?」と脅されたけど
3時間掛けて全部は取り切れず、刺さった部分を着かなければ痛みはないし。
一晩寝てみて 熱が出たり腫れたりしたら 病院に行く!と決めました

明けて最終日、夜中発つ日・・・何事もなかったし、刺を刺したまま 48時間掛けて日本へ!

一番の心残りは 最終日の買い物。歩くのがやっとなので 欲しいものも沢山あったけど
気持ちも乗らず 結局、何も買えず。歩き回ることが出来なかった。

帰国して Web検索。 ウニの刺って刺さってても大丈夫だったのか?
最近は本当に関心するのだけれど 何でもネットで調べられるのね。
「ウニの刺は 刺さったら 抜きにくい、熱や化膿しなければ 抜けなくても 
あとで自然に取れるから大丈夫。痛みがある場合は病院で抜いて貰うように」

帰国後、まず・・・外科へ
4ヶ所の刺が取れず 痛みがあって刺が見えないところもあったのだけれど
簡単に3つは取ってくれました。
「あとは痛みがなければ 取れない刺は自然に出て行くから」と そんなものかぁ~
南米旅行の大事件は ウニの刺をさしたことでした037.gif 
初めて旅行保険を使いました。掛け捨てでお守りみたいな保険だけど
診察代金、請求しましたぁ・・・
トラックバックURL : https://bailador.exblog.jp/tb/13320705
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by nao-fiesta | 2010-04-06 00:54 | Travel | Trackback | Comments(0)

ラテンのノリで人生を颯爽と 生きるNAOのブログです♪


by Nao Bailador
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30