大宮スパークカーニバル3位!!

昨年に引き続き・・優勝狙いで3位でした・・
f0084175_2128250.jpg

今年も羽隊綺麗でした。年々増えていき、
今年は10名が羽サンバ衣装で華を添えてくれました。

f0084175_21182212.jpg

全員の写真がアップ出来ずごめんなさい。次の機会に。


f0084175_21284973.jpg

今回のスペシャルゲスト=ワッシー&へーちゃん
昨年と同じ機材を借りて、PAは安心していたのに 6発のスピーカーのうち2発しか
音が出ずトラックのワッシ―達には聞こえず、下のパーカッション隊のリズムに
合わせての演奏でした。大変な思いをさせてしまいました。
スピーカーからの音が小さい分、ダンサーは生音に助けられました。
さすがにプロ、最後まで疲れた顔も見せずにパレードを盛り上げて下さいました。

f0084175_2202462.jpg

パーカッション隊もカッコ良く決まってます。
今年も1時間の演奏に指の皮をむいて・・大健闘!お疲れ様~

f0084175_21171214.jpg

ダンサーも良く揃って綺麗ですよ~ちなみにこの振りはレゲトンです。
今年は突然参加、練習が出来ない人でもOK!にする為、メインと一般とダンサーを
2部に分けました。メインは4月から練習。一般は2回位の練習でも踊れるような簡単な振りで。
でも現実は、全員揃ってのポーズが揃わない、笑顔で踊るには完璧に振りを覚えないと余裕がなく、不安げな顔になる。レッスンに組み込まなかったのもいけなかったかな~
これも来年の課題です。


f0084175_21271962.jpg

審査前・・・暗くなるほど映える衣装でしたね~ポーズも揃って美しい!!
前半ドタバタでどうなることかと思ったけれど、よく立ち直りそろえて踊れましたね。

私の構想はトラックがゆっくり走り、40秒間のパーカッションの見せ場を作る。
そこに羽隊が出てフリースタイルで踊り、華を添える。
45秒後、トラックははけ、1列になりサンバを踊り、メインダンサーが出てサンバ曲を踊る。
サンバ曲の途中から一般ダンサーが出て、サルサ曲&ラテンpops‘Fiesta’=私たちの
主題曲を賑やかに踊ってLast poseで決まる!

途中でPAの音がダメかもと思ったときに 審査前は本部から音を出して貰おうか~と
頭をよぎった。いつもはしないこと=もしものために本部にMDの音源を預けてあったから。
本部からではなく、トラックからの音で審査前を踊るのはトラックの上のワッシ―達が演奏するのにトラックのモニタ用スピーカーからでないと音がとれないから。
でも、スピーカーが4つつぶれてたら、意味ない・・・
トラックを先に行かせて、本部からの音で踊った方が良いかも。

パレードから審査は休みなしで入った為、自分がそこで決断できず、
音が全く聞こえない状態で、飛び出し 審査前のスポットライトの前に立たされた感じ・・
パー隊も羽隊も練習どおりは出来なかったでしょう。
音がつかめた時はサンバ曲も途中のポーズから、見せ場の振りは踊れず、
それでもメインダンサーが出てきて列を作って踊り出せた・・

舞台と違って、審査前は1発勝負!アクシデントはつきもの。
だからこそ、自分の決断力の無さに腹立ち、一生懸命練習した皆に申し訳なくて、
寝不足にもかかわらず、考えるほど後悔で眠れませんでした。
まだ3位に入れてよかったのだと思う。
審査後、あまりのショックで一瞬ボーっとしてしまいましたが、後半のパレードはホントに衣装が映えてました。駅のローターりー内で後ろのメンバーに声掛け、全体を見回すと 
皆休憩無しなのに笑顔で綺麗に揃っていましたよ。
年々良くなっていく!!ゲストパーカッション三浦さんにお褒めの言葉を頂きました。


f0084175_2375176.jpg

どーよのテルさん=ロバート・デニーロと♪
タレントさん、お笑いの2人組、どーよのケンキさん、テルさんと鈴木久美子さんが
一緒にパレードを盛り上げて下さいました。
この様子は 8/12(土)am9:30~15分 テレビ埼玉‘きらめきいっぱいさいたま市’
で放送されます。
[PR]
トラックバックURL : https://bailador.exblog.jp/tb/3032966
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by nao-fiesta | 2006-08-09 20:22 | Event、Party写真 | Trackback | Comments(0)

ラテンのノリで人生を颯爽と 生きるNAOのブログです♪


by Nao Bailador
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30